低体温の人は肩こりになりやすい。

低体温の人は肩こりになりやすい。

身体がもともと冷えやすく、低体温の方は肩こりになりやすい、ということが言えます。身体をあまり動かしていない方は、低体温になる確率が高く、血の巡りも悪くなってしまいます。なるべく肩周辺や身体全体を動かして、血の巡りを良くして体温をあげていきましょう。身体が温かくなる飲み物や食べ物も効果的です。

肩のこりを取るようなストレッチを毎日続けるだけで、低体温も解消されてすこしずつ血の巡りが良くなっていきます。まずは身体を中から温める努力を行いましょう。